よく分かる天使と悪魔を知るサイト

「天使」と「悪魔」。

今の日本では、簡単にセットで扱われますね。ところが、調べてみると、「天使」と「悪魔」2つがセットになるのは、いかにも日本らしい考え方なのです。

そもそも「天使」は、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教に登場する神の使いです(神ではありません)。一方「悪魔」は、仏教では仏道を邪魔する悪神。キリスト教では神を誹謗中傷し、人間を誘惑する存在とされます。つまり、日本伝統の思想には「天使」は存在しません。「悪魔」は、日本伝統に思想の中にありますが、テレビなどで「悪魔」を映像化すると、西洋のサタンを模倣したものになることが多いです。日本では、自国の文化の悪魔を使わず、サタンを使っているのです。いかにも信仰心の薄い、日本人ならではの発想なのです。端的な例を言えば、12月24日に国中がキリスト教徒になって、12月31には国中が仏教徒になって、1月1日には国中が日本神道に染まるという、節操のない国が日本ですから、日本の伝統を無視して、キリスト教の「エンジェル」と「サタン」を思考の真ん中に持ってこられるのです。

ここに世界中の「天使」と「悪魔」を集めました。それぞれの宗教観を感じて、国際的な視点を持ちましょう。

ページTOPへ