HOME知りたい天使の事① > 天使の階級

天使の階級

天使の解説書によれば、天使は大きく上級・中級・下級の3階級に分かれ、さらにそれぞれが3つに分かれて9階級を成しています。上級天使のセラフィムを筆頭に下級天使のエンジェルまで、天使はピラミッド型の社会に属しています。その頂上にいるのが神で、天使は神と人間の間に存在する階梯として位置付けられています。神の光は上位の天使を照らし、上位の天使は神よりは劣る光で下位の天使を照らし、以下人間に至るまでそれが連なります。

天使の階級を決めたのは?

天使の階級は、5世紀末の神学者、通称・偽ディオニュシオス・アレオパギテスの『天上位階論』という著作の中で、天使について詳しく論じ階級を決定したのが始まりとされています。

名前(任意)
コメント
このページに対するコメント
名無しのリーク 2016-11-23 09:04
香川県ルー餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の重傷を負わせた犯罪企業
ページTOPへ